top of page

夏風邪 ヘルパンギーナと手足口病

夏の時期に流行するウイルス感染症があり、これを一般に夏かぜと言います。

主にエンテロウイルス属が原因で、高熱・下痢(軟便)・発疹などがみられ、咳や鼻は目立たないことが多いです。発熱はあっても1-2日であることが多いですね。


夏風邪の中でも、「ヘルパンギーナ」「手足口病」は、よく知られています。特に、ヘルパンギーナは、日本中で大流行しています。どちらも、口の中に口内炎ができるので、口をいたがったり、よだれが飲み込みにくくなって急によだれが増えたときは要注意!

タイトル文字
夏風邪

ヘルパンギーナ

男の子が口の奥に口内炎ができていたがっている
ヘルパンギーナの症状

口の中に大きな口内炎ができています。

口内炎はのどの奥にできていて、痛みで食べたり飲んだりができなくなることがあります。

治療法はありません。脱水に注意しながら、ご家庭で様子を見ていただきます。


飲食が十分にでき、元気になったら登園できます。


   






手足口病

口の中や周りに口内炎ができ、手や足に赤い発疹ができています
手足口病の症状


手足に赤い発疹と口の口内炎
手足口病症状


口の中や舌・口の周り、手や足に赤い発疹ができます。


発疹は、手のひらや足の裏に多く、肘や膝・お尻などにもよくできます。赤く膨れていたり、平たかったりと形は様々ですが、多くは無症状で、しばらくすると茶色っぽい痕になり、それも自然におさまります。中には痛がったり、かゆがったりすることがありますが、冷やすなどして様子を見てもらいます。


口が痛むので 飲食が困難なことがあります。

お薬はありません。

飲食が十分にでき、元気になったら登園できます。


手足口病の後しばらくして、爪がはがれてくることもありますが、自然と治まるのを待ちます。



おうちでのケア


予防するお薬や、特効薬はありません。高熱となることが多いので、解熱剤を使って

様子をみます。


口の痛みで飲食が困難な時は、すっぱいものを避け、のど越しの良いものを選んでください。飲み物を嫌がって飲まないときは、牛乳を試してみて下さい。「牛乳なら飲めるよ!」

というお子さんは結構いらっしゃいます。

暑い時期に流行するので、脱水や熱中症などにも注意が必要となります。涼しい場所で安静にお過ごしください。


ウイルスはよだれや便より排出が続きます。手洗いで予防をお願いします。


一度かかったら、もうならない・・という病気ではありません。毎年かかっちゃうお子さんもいらっしゃいますので、夏が近づいたら、ご注意を。


お大事にしてください。



Comments


bottom of page